新メニューを追加しました お知らせ

足りないのは聡明さ…?

前回のお話はこちらから☟

あわせて読みたい
お金って、もしかしてダミー? 前回のお話はこちらから☟ https://nabi-counseling.com/o-20240120/ 普通だったら「お金を稼ぐために投資して勉強しているんです」と言われたら、「とても勤勉な方なん...

本が読めなくなったのは、教育虐待によって心の傷が生じ、脳が炎症を起こしていたから。

でもまた買ってしまうのは、トラウマを再上演(※繰り返してしまうこと)して、幼いときに受けた心の傷を癒そうとしているから。

この人は自分の足りない知識を埋めるためにお金を使って、尊敬される人になろうとしていた。もう虐待されないように。

「私は、父に愛されたかったんですね。」

ポロポロと涙を流しながら、そうかそうか、と納得した様子で、その人は過去を振り返っています。

「先生が買い物依存と言った意味がわかりました。私は『自分は何も分からない子』という心の傷を癒すために、本や講座に依存していたんですね。

だから読みきれない、こなしきれない量を買ってたんだ。

確かに本や講座がなかったら、気がおかしくなっていたかもしれません。
それくらい、私にとってお守りのような存在だったと思います。

お金を使うことで、心の傷に正面から向き合わなくて済むように、自分自身を逃がしていたんですね」

うんうん、と言いながら、その人は続けます。

「それに、お金持ちになったら思う存分服を買って、旅行にも行きたいと思っていました。

私、おしゃれしたら母に『ダメよ。はしたない』って言われて、遊びに行くのも父に『勉強しなさい』って言われて行けなかったんです。

もしこのままお金持ちになれたとしても、また同じように自分の力量を超えてお金使ってただろうなあ。

そしたらいくら稼いでも『足りない』ままですよね…。

そっか、足りない足りないって思ってると、使いすぎちゃうんですね」

そう、とカウンセラーは心の中で呟きます。

自分のキャパシティを超えてお金を使ってしまうのは、何をしても満たされない欠乏感があるから。
その満たされない心をお金を使うことで満たそうとする。

この人の場合はそれが、聡明さだったんだ。

「あなたはとても賢いです。
賢いからお父様から嫉妬されて、『何も分からない子』という幻想を入れられたんですね。」

「嫉妬された…?私が?」

もう涙が止まっていたその人は、唐突な言葉に目が点になって、カウンセラーの言葉の続きを待っていました。

(つづく)

次回のお話はこちらから☟

あわせて読みたい
潰されても消えなかった宝物 前回のお話はこちらから☟ https://nabi-counseling.com/o-20240123/ ある人はお金がないから稼げるようになりたくて、お金のブロックを外すためにカウンセラーの元にや...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

心理系に興味があったものの情報系の道に進み、やっぱりカウンセラーが諦められなくて転身。

このHPを作りました。
インターネットワークも脳のネットワークも得意。なんちゃって。

コメント

コメントする

目次